秋を健やかに過ごす食養生

体は寒い冬の準備に向かおうとしています。

秋の食養生のポイントは「培陽潤肺」

肺を潤す作用の食物や、寒さに向かい抵抗力をつける強精作用の食品をとって、健やかに秋を過ごしましょう。

large

「培陽潤肺」で秋の体に衣替え

秋は作物が実り、命あるものが成熟する季節です。

気候もよく、気分も晴々とします。

秋風を感じ始める頃になると、自然のリズムは「下へ内へ」という動きに変化していきます。

人の体も毛穴を閉じ、寒い冬に備えてエネルギーを蓄えはじめます。

落ち葉を見て物思いにふけったり、部屋で読書をしたくなったりするのは、体だけではなく、心のほうも「下へ内へ」のリズムになるからです。

薬膳では秋の食養生のポイントを「培陽潤肺」といい、肺を潤す作用の食物をとると、健やかに秋を過ごせると考えられています。

北風とともに肌寒くなり、空気が乾燥してきますから、のどや気管など呼吸器系が不調になりがちですので、肺やのど・咳によい食物をとりましょう

 

秋を元気に乗りきるコツ
肺に良く、潤する食品をとる 梨、秋大根、栗、ぎんなんなど
のど、咳によい食品をとる れんこん、黒豆、ごぼう、きんかん、ハチミツ
冬に向かって寒さに抵抗力をつける強精作用の食品をとる  ぎんなん、さつま芋、ごま、カモ肉、牡蠣、サケ、イワシ、サンマなど

 

※ 参照出展:【薬膳マイスター養成講座】テキスト