施術を受けることができないのはどんなときですか?

伝染病、がん、炎症、潰瘍、熱があるとき、手術の後、感染性の皮膚病、体がひどく消耗しているときなどは、受けないほうがいいでしょう。

骨折に関しては患部周辺を、捻挫も、炎症が起きてるときは患部に触れず、その周辺を指圧・揉みほぐして血行をよくはし、炎症が早く引くように施します。